造園技師の矢野智徳氏が全国各地で手懸ける「大地の再生講座」

「地上・地下の空気と水の流れを良くし、植物の力を借りながら環境を改善する」
それを現場で作業を通しながら、身体を使って学ぶ講座です。

矢野氏は、大規模みかん農園「金山パイロットファーム」での環境改善をこの手法で施業しました。
みかんの樹勢回復、収量と糖度の増加がみられ、土壌水分の減少と降雨後の減水が早くなる調査結果も報告されています。
(現代農業 平成30年10月号より。著者:大内正伸

また、西日本豪雨被災地の広島県中畑地区での緊急処置・応急復旧にも携わっています。
土砂崩れの原因を捉え、被災地から泥水・泥埃が消える効果が現れています。
(一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり Facebook ページより)

みかん山の復旧と減災に、この知恵と土木技術を活かして復興したい。

豊かなみかん山を築くことで山を保全する環境保全型農業が、柑橘農家にできる減災へのアプローチです。

目の前の生活や業に追われる最中ですが、早めに手当てし、元環境の修復と改善を進めることで必ず変わってきます。