みかん山減災大作戦

被災した吉田町のみかん山で
「大地の再生講座」を開催するべく
寄付金を募ることにしました。

プラスの再生へ結ぶ足掛かりを、今実行したい。
皆様、どうかご協力をお願いします。


「大地の再生講座 in 吉田町」開催決定!!
詳細はこちら

ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。
目標金額達成に向け、引き続きご寄付のほどよろしくお願いします。

(画像の参考元:株式会社リプルエフェクト)

「愛媛みかん」発祥の地であるみかんの里、宇和島市吉田町。

平成30年7月豪雨によって、町内全域で土砂崩壊、河川氾濫の被害を受けました。
愛媛大学の調査によると、愛媛県南予の大洲市、西予市、宇和島市を中心とした地域の斜面崩壊は、少なくとも 3,410 箇所。

吉田町の範囲では 2,271 箇所と極めて多くの崩壊が見られました。

リアス式海岸が広がる流域の土壌とみかん山。
土砂崩壊が多発したのは複合的な要因ではありますが、コンクリートの擁壁や排水路に頼り過ぎており、この土地への“気遣い”が足りませんでした。

柑橘農家としてできることがあったのではないか?

街は復興に向け、着々と歩んでいます。

災害復旧は 1) 緊急措置、2) 応急復旧、3) 本復旧の順で進められ、現在は応急復旧に移る段階です。

崩れたみかん山の復旧もこれから徐々に始まっていきますが、
「どうして崩れたのか。」
柑橘農家をはじめ、土木業者もこのことを知り得ていないのが現状です。

流れのままに元に戻し、コンクリートで蓋をし壁を築く工法を軸に復旧が進もうとしています。
土砂崩壊箇所には、このコンクリート構造物で固められた現場も数多くありました。
傷んだ森林の姿や藪化した草木の表情も見受けられました。

土砂崩れは自然の摂理でもある。

今後も異常気象が起こる兆しのある中で、また同じ結果を招き、山と谷を守る事はできるのか。
どうしたら土砂災害の規模と量を減らせ、減災に繋がるのか。