麦と稲

うどんの為に秋に小麦を播いてます。

その隣でご飯とかき餅の為に種籾を播く下準備です。

表層を削り米糠を撒いて稲藁を敷きました。

冬の仕事が春になってしまいましたが、どうなるか楽しみです。

宇和島市のかんきつ農家の男性(36)

先月の「伊方原発3号機の運転差し止め仮処分決定」に関する記事です。

かんきつ農家の方、良い事言ってますねぇ。
記者の方の編集も最高です!

自家発電で暮らしてみようとソーラーだけで1年間生活してましたが、曇天の日が続くとキツかったです。
それで、必要な時は近所の方にお願いして電気を使わせてもらいました。

未来の家庭用電源は自家発電+集落の共用コンセント。
ってのはどうかな〜。

崩壊箇所の苗木さま

大地の再生講座 in 吉田町から早1年。

今回もスタッフの方がメンテナンスに訪れてくれ、現場の状態についてお話しました。

僕の思いを、みかんを作る事が、環境を護る事に繋がる、と表現してくれました。

自然の治癒力を妨げない、応援する農業をしていこうと思います。

右肩上がり

今年の中生みかんの南柑20号くんは、ヘタの横が片方だけボコっとしてます。

正直よく分からないのですが、樹勢が戻ってきたのかな、と。
おおお。

早生みかんでは、果実の重さでヘタがひっぱられ腰高になったものもあったりで。

味も良いし、何はともあれ元気が一番!

中生みかんは年明け7日までの販売予定です。