屋久島週間

4日間の大地の再生講座と小屋作りワークショップへ参加しに、屋久島へ渡りました。

自然の息吹がものすごい島で、本当に多くの学びがありました。

奥山の崩落。
大地がいよいよ持ち堪えられなくなり、災害の次元が変わったこと。

里海、里山から奥山を変える取り組み。
大地の再生講座の手法と、自然の営みを味方の作業に変えれるかどうか。

田舎暮らしから、再生する暮らしと生き方へ。
自然を愛したシンプルな暮らしと、生活における小さな大地の再生が、流域全体の環境保全に実は繋がっていく。

講座最終日。
海岸に流れる沢の石を転がしただけで、弱ったガジュマルが再生し、その周囲の環境の芽吹きも良くなった現場を観て来ました。

まだ間に合う、そう想いました。

今年のみかん

寒露を過ぎ、みかんの色がだんだんと黄色くなってきました。

今年のみかんは?というと、糖酸が低く、着色も遅い傾向です。

極早生みかんは不作で見送りましたが、早生みかんは11月から販売します。

風通しを良くしたりして樹に秋が深まった事を知らせたら、果実が美味しく熟すかな、なんて思ってます。

つしまるしぇ

地域おこし協力隊と高校生が主催のマルシェに参加させていただきました。

若い子で賑わっていたのが凄く素敵で、子供達に喜ばれるお店にしたいな〜と思いました。