実践講座のすゝめ

「大地の再生講座 in 吉田町」の開催まで残りわずかとなりました。

座学の後、22日午後〜23日は崩れたみかん畑で実践講座(ワークショップ)をやります。

必ずしもみかん農家向けではなく、誰でも小さな一歩からできる環境整備を学べます。
例えば、お庭の草刈り、庭木の剪定、雨の後のぬかるみ解消、湿っぽい空間の改善、土手の崩落対策、ヤブ化した雑草地との向き合い方など。

自然をお手本に、自然の機能を頼りに、できる限りその場の自然資材を使って環境を再生するやり方です。
協働作業(結、もやい)で進めていくので、誰でも気軽にご参加ください。

ちなみに講師の矢野さんは、弱った御神木を復活させたり、芝生の駐車場を作ったり、井戸を掘ったり、炭を作ったり、最近では有機アスファルトなんて技も持っています。

ご興味のある方は、大地の再生ホームページやイラストレーター・著作家の大内さんのブログをご覧あれ〜。

このやり方を吉田町の流域に住む人々が実践できれば、“印象に残るような自然”が身近にどんどん増えていくと思います!

実践講座へのお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です