GW を境に日差しが変わる

と以前、山口県牛島での大地の再生講座の時に矢野さんが仰ってました。

二十四節気では立夏を過ぎる頃。
植物達にとって1年で最もハードな環境の始まりです。

んで現在は小満を過ぎ、もう暑いのなんの。

というわけで、みかん畑と高木層の木陰を共存させたいと考えてます。

経営的な問題はありそうですが、心地よさ重視でいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です