立春

空き家裏の耕作放棄地だった畑にはさまざまな落葉果樹を植えてます。

大苗だったブルーベリーは弱ってしまいましたが、他の樹は順調に育ち2年目の春を迎えました。

今年から畑の奥に隠れてた柿3本、勝手に生えてきたイチジク2本、冬なのに生ゴミから育ったトマト2苗も加わりました。

森の中の果樹園を理想としていたのですが、現実は東側の日当たりは確保したく、生やしていた雑木を切りました。

環境整備作業は楽しく、剪定した木枝は橋に使ったり、こんもりさせて自然に還したりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です